岩本 直也 先生

岩本 直也 先生

名古屋中央支部に所属する先生方にインタビューするこの企画。第6回目は、士業のスペシャリストが集結する法人で活躍する岩本 直也先生です。

 

ーー子どもの頃の夢はなんでしたか?

 

家の近くの神社によく遊びに行っていたせいか、宮大工になりたかったです。

 

そのあとは「スーツを着て働きたい」とぼんやり考えるようになりました。父が金融関係に勤めていて、学校の参観日にびしっとスーツで現れたときに、かっこよく映ったのをよく覚えています。

 

ーー司法書士を目指したきっかけは?

 

大学3年生で将来のことを真剣に考えたとき、自分には何も取り柄がないんじゃないかと、社会に出ることが急に怖くなってしまったんです。

 

そんななか、唯一毎回出席していた講義を司法書士の八神先生(八神聖司法書士事務所/熱田区)が担当されていて、先生への憧れから勉強を始めました。八神先生とは司法書士試験合格後も交流を続けていただいています。

 

 

ーー試験合格までの道のりを教えてください。

 

朝6時からスーパーの品出しのアルバイトをして、午後から大学の図書館にこもる生活を続けていました。試験は2回までしか受けないと決めていたので、敗者復活戦のような気持ちで受験に臨み、2回目で運良く合格しました。

 

なぜ2回と決めていたかはわかりませんが…もし落ちていたら3回目も挑戦していたんでしょうね(笑)

 

ーー事務所の雰囲気について。

 

名南経営は、司法書士のほか税理士、弁護士、社会保険労務士、不動産鑑定士などの士業やコンサルタントが集結する総合事務所(コンサルティングファーム)です。

登記手続きを中心としつつ複合的な要素・視点での提案、支援をさせていただくことが多く、常に新たな発見がありますね。

 

 

面接時に「3年で独立しますから」と言って早13年(笑)

何をやるかより誰とやるか、言い方を変えると、ひとりでは決して解決できない案件を担当させてもらえている緊張感が、居心地の良さにつながっていると感じています。

 

ーー仕事のやりがいについて。

 

他士業の人たちとプロジェクトを進行していくと、知識や経験不足を実感する機会が多くあります。やりっぱなしには決してできず、自分自身のやりがいがチームの成功につながり、そのときの達成感や喜びは何倍にも感じます。

 

また、司法書士でなかったら会社の社長にたどり着くには時間がかかると思います。でも僕たちはすぐに社長様と対話してもらえます。それだけ責任もありますが、刺激をいただける機会に恵まれていると思っています。

 

個人的な性格のことで言えば、他の人から見たらどうでもいい部分にこだわってしまい、自己満足の世界で充実感と喪失感を味わっています(笑)

 

 ーー座右の銘はありますか?

 

アフリカ先住民のことわざで、「If you want to go fast, go alone. If you want to go far, go together./早く行きたければひとりで行け、遠くまで行きたければみんなで行け」ですね。名刺の裏にも記載しています。

 

 

ーーオススメの本を教えてください。

 

【商業登記ハンドブック/松井 信憲】

先日出版された第4版を通読中です。日常的に辞書として使用しており、これなしでは業務ができません。

 

【それでも人生にYESと言う/V・E・フランクル】

タイトルのとおり、何が起きてもどんな時も「前向きなコトバを自分に問いかけること」を思い出させてくれる一冊です。落ち込むことがあったり、悩んでしまったときに助けになってくれています。

 

 

ーーこだわりについて。

 

なるべく他の人と同じにならないように、例えばネクタイの柄とかスーツのボタンホールやポケットにもちょっとしたデザインを取り入れています。

 

ーー趣味や息抜き方法をはなんですか?

 

これと言って趣味や特技はありませんが、時間ができれば神社・仏閣巡りをしています。家族旅行の目的地周辺に神社がないかを検索して、足を伸ばしたりもしますね。

 

 

これまでに印象深かったのは、祖父から戦争経験を聞いていたこともあり靖国神社ですね。今後は平泉町(岩手県)などの奥州方面に行ってみたいと思っています。のんびり進めている御朱印帳は2冊目に突入して、これからも少しずつ埋めていくのが楽しみです。

 

ーー今後の目標は?

 

商業登記・企業法務分野に携わるという知的好奇心を刺激しながら、やりがいや成長の実感を広げていきたいです。

 

独立しているのと同じくらい、人と関わることや社会とつながっている喜びが大きいので、独立はしないんじゃないかなぁ…と今は思っています(笑) 

 

ーー岩本先生、ありがとうございました!

 

 

インタビュアーより

取材当日、「JPタワー」と「JRタワー」を間違えてしまったのですが、責めるどころかわざわざ迎えにきてくださった岩本先生。「間違える方も多いので気にしないでください」と優しくフォローまでしていただきました。真摯に向き合う姿勢や充実した仕事ぶりをお伺いでき、安心して相談できる先生だと思いました。

司法書士名 岩本 直也 先生
所属事務所 司法書士法人名南経営
住所 〒452-0002
愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1番1号 JPタワー名古屋34階
電話番号 052-589-2366
WEBアドレス https://www.meinanlegalconsulting.jp/

前のページに戻る